スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風見鶏の寝言054

道交法は、変か?身近か?」



○信号で停止線からちょっと出たと言って切符切られた

○一時停止、完全に止まらなかったと言って切符切られた



これらは、法律の「運用の仕方」という視点から、よくある不満の声である

ただ、「停止線の手前で止まるべし」、「一時停止の箇所は止まらなければならない」という決まり自体にはあまり疑問はないようである

つまり、杓子定規な適用の仕方が直されるならば、不満はなくなるだろう


○通常のバイクとほとんど性能の差がなくなってきているのに、原付はなぜ二段階右折が必要なのか



次に、これは、法律の「定め自体の妥当性」という視点からの疑問の声である

道交法の改正法案の審議は、刑法学者等はあまり参加・協力していない

そのためか、条文が相互に一貫しているかという点や、実質的にそのような決まりが必要かという点に関するチェックはやや甘い

そういう扱いである以上、この手の疑問に関しては、苦情申出制度などを通じて意見を出し、または、ゆっくり改正がなされるのを待つしかなかろう



しかし、市民が疑問に思う視点は、もう1種類あるのかもしれない

○暗がりを通行するときよりも、対向両のライトで周りがホワイトアウトするときの方が危険だ

○対向両がないときでも、反射板を付けずに、夜間黒っぽい服で飛び出す人が、寸前まで見えなくて危険だ

○対向両がないときに、反射板を付けていても、ビームライトにしないと反射してくれず役に立たない

自転車の備付の発電ライトだと、光を明るくするためにスピードを出しがちになって危険だ

自転車にミラーをつけずに道を走る人が後方確認をせずに飛び出して来て危険だ



これらは、言ってみれば法律の「対応の欠落・不備」という視点からの疑問の声と言えよう

どの疑問の声も、「車を運転するなら、ドライバーが全力で注意せよ」と言うのも正論である

車は瞬間的に、しかも最強クラスの凶器になりうる物体であり、それを扱う以上、注意を怠ってはならない

今でも、飛び出した歩行者に、「危ないだろ」と怒鳴るトラックのドライバーや、怒鳴らずともガンを飛ばしてるドライバーはたまに見かけるけれども、そんなことをしても事故を起こしたときは、ドライバーが加害者となる

ただ、このような声は、市街地を運転するドライバーが現に危険を感じるからこそ出てくるものである


道路交通法1条が謳うように「道路における危険を防止」し「交通の安全」を図ることが、目的の法律なのであれば、何かしらの配慮が望まれている箇所なのかもしれない

一般に、市民にとって道交法のイメージは、「変な」法律らしい

歩行者や車両のドライバーが、現に危険と感じる物事に、対応していくことができるか否かという点は、道交法が「身近な」法律に変わる上では鍵を握る点になり得よう
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。