スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風見鶏の寝言104 ver.1.1(追記1)

憲法ちゃんの誕生日お祝いの言葉」



1947年5月3日に誕生した現行憲法は、もうすぐ70周年となるという今日この頃、

政治家やそれを支援する財界では「とにかく憲法改正」という動きが目立ってきている。

https://www.youtube.com/watch?v=oIgHPGremlY



しかし、憲法が何なのか国民が十分に理解していなければ、「議論を」という呼びかけは「関心を持て、そして改憲に賛成せよ」という煽動になりかねない

1つ1つの条文の熟知は必要ないが、そもそも憲法が何なのかを知っていなければならない。



憲法の内容は、大きく2つ。

1つ目は、全ての国民(ものによっては全人類)が保有する権利を、政府が何かと理由をつけて侵害しないよう国家による侵害から保護すること。

2つ目は、1つ目を前提に、国家のシステムがどうあるべきかということ。


ここで、憲法が国家から保護している国民の権利は、そもそも国家がなくても、成文化した憲法がなくても、当然に人々が持つ普遍的な権利である
(だから、イギリスは文字にしていない)

日本の今の憲法は、それを文字にした。

この考え方は今の憲法制定にアメリカが関与したからと言って変わるところはない。
(むしろアメリカが、軍国主義に走り国民の権利を蔑ろにしていた日本に教えたことである。)

なにせ国家はともすれば侵害しようとする。骨抜きにしようとする。課税し、規制しようとする

だからこそ、日本の憲法は改正するための手続を厳しくした。

改正を謳った"改悪"にならぬよう、国民投票を求めることで、国民による国家の監視を強化させた

さらに、政治家・政府を含め、全ての公務員に憲法を保持し守る義務を、明文で課している

政府も政治家も信用できないからである。

この考え方が維持されている限り、憲法とは国民を国家から守るものである。

つまり、国や政府が憲法を嫌うとしても、今の憲法が国民に悪さをすることはない



時が経てば人々の常識は変わる。

しかし、上述のように、憲法が守っている国民の権利は、時代の変化に左右されない不朽不変の性質のものである。
(憲法自身も、時の経過によって不具合が生じないよう、抽象的な文言にしてある。)

したがって、改正は、必要があるとしても、本来ごく部分的な箇所に止まる。

憲法は、企業の不祥事を契機に各種業法を改正する場合と同じノリで、変えてはならない

規制のためのものではないからである。



今、改憲派には、3種類が混在している。

1つ、特定のいくつかの条文を指し、具体的にどう変えるべきか主張する者(真の改憲派)

1つ、改正の機に乗じて、自己または国、特定の企業・団体が利益を得やすくなるよう仕組みたい者。

1つ、単に改憲時の大臣として署名し、または、改憲議論に携わった政治家として名を残したい者。




今、日本国民は日本史上初、最難関の試練を課されている

まず、政治家の主張を、上の3種類に聞き分けなければならない。
(1番目のふりをした、2番目が多いことに気づくだろう)

そして、どの点の議論が真に「国民的議論」を要するものか見極めなければならない

その上で、各主張につき、それが本当に必要なことか否かを各自、吟味しなければならない。

これは簡単ではない。が、少なくとも言えることは、
1,「全部を変えたい」「根本的に変えたい」などの主張を、信用してはならない。

2,「改正で日本に活力を」「改正して新たな日本の出発を」「改憲して経済成長を」なども、凡そ信用できるものではない。

3,「アメリカの押しつけ憲法」だからという者は、憲法を理解していない。



憲法よ、誕生日おめでとう。


≪追記≫20150615
長谷部恭男教授(2015年現在・早大教授/元・東大教授)が

TBSの取材に対して述べた「憲法に基づいて政治権力を縛る」と説明をした点は、

筆者が上述した「国民を国家から守るもの」と同趣旨である。

※なお、長谷部教授は、先日の国会で現在の安保法制が「集団的自衛権」の行使を容認することを前提とする点について「違憲」と明言したことで、一躍注目の的となっている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。